受付から診察後の会計まで!人気の求人である医療事務の全貌

医療関係の求人情報はなぜこんなに多いのか

医療関係の仕事は医師や看護師、医療事務などさまざまなスタッフが携わっています。また、医療関係だけでなく病院では看護師のサポートを行う介護職や臨床心理士など幅広い職種の人が病院にて働いています。そのため、医療関係の求人情報は多岐にわたるため、求人を探すときには自分の目的にあう情報を入手するために条件の絞り込みが必要となります。また、求人に応募する前にその仕事について調べておくことも必要なので、忘れないようにしましょう。

医療事務のお仕事はこんな流れでしている!

患者さんを迎える準備を行う

医療事務は病院の事務だけ行っているわけではありません。病院の清掃や患者さんを迎える準備は受付時間前に行っておきます。診療時間がはじまると受付や会計と忙しいため、それまでに行っておけることは済ませておいているのです。

はじめて来院した場合の受付対応

受付が開始すると初診か再診かによって応対が変わってきます。初診の場合には、保険証を提出してもらい申込書または問診票に記入してもらいます。受け取り後には、情報をもとにカルテの作成と診察券の発行を行います。

一度でも病院で治療を受けたことがある場合には

通院している患者さんや一度でも治療を受けたことがある患者さんの場合には、診察券を出してもらい病院内に保管しているカルテを保管棚から出してきます。再診であっても前回病院を受診してから、月が変わっている場合には、保険証の提示を依頼します。

カルテをもとに会計の計算

カルテを診療する科にまわし、診察が終わるとカルテが戻ってきます。カルテをもとに診察内容を計算していきます。点数に応じた金額と保険割合で算出された金額をもとに会計を行います。

レセプトの締め時期には多忙になることも

医療事務ではレセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成しますが、このレセプトは審査支払機関と呼ばれる機関へ提出する書類です。保険者へ請求する書類となり、不備があると審査支払機関から戻されたり、減点の対象となってしまう大変重要な書類です。この書類の締切が毎月10日ごろとなるため、月のはじまりから10日ごろは忙しくなります。

医療事務のお仕事は責任感が求められる重要な仕事

病院やクリニックで訪れた患者さんの受付を行い、診療後には会計や次回の予約の受付を行います。医療保険制度に基づいて医療費を計算するレセプト作成業務も医療事務には重要な仕事で、カルテを見ながらパソコンにデータを入力して費用を出す業務を行います。そのため、迅速な対応や責任感が求められるといえるでしょう。

[PR]熊本の医療事務求人まとめ
福利厚生ばっちり◎

医療事務として活躍したいなら求人に応募する前に資格を取得

面接

医療事務には必要な資格があるのかを調べてみよう

医療関係の仕事は、医療事務や看護師、医師、介護福祉士などたくさんあります。人を支える仕事なため、多くの人材が必要となる仕事なのです。その中で医療事務は資格がなくても、未経験でも働くことができますが、医療関係には独特の専門用語を使うことが多く、医療事務の仕事のひとつレセプト作成も専門的な仕事となります。そのため、医療事務には民間資格が豊富にあります。スキルアップのためにも民間資格は取得しておくことがおすすめです。

やりがいや達成感が満載な介護士のお仕事

最近、求人サイトでもよく見かける介護福祉士はハードな業務も行いますが、一番のメリットはやりがいと達成感を味わうことができる点です。些細なことであっても、感謝の言葉を伝えられると達成感を味わうことができ、自分が行ったことで人の役にたっているというやりがいを味わうことができます。

介護の仕事が選ばれている理由とはどういった点か

介護ではやりがいを十分得られることだけでなく、豊富に求人があることから仕事を選んでいる人も少なくありません。多くの企業が介護業界に参入しており、急速に高齢化社会へ進んでいるため介護福祉士の需要は高まる一方で求人も常に見つけることができます。

医療関係の求人に応募する前に知っておきたいアレコレ

勤務する場所が条件のひとつです。求人を探しているときに注意することはありますか?

大規模展開している医療関係の募集は、本部住所が記載されていて実際の勤務地は異なる場合もあります。また複数の勤務場所を一度に募集をかけていることもあるため、希望をしている勤務地かしっかり確認してから応募をするようにしましょう。

熊本で医療事務のパートの求人を探しています。パートでも応募はありますか?

熊本県内の医療事務の募集は正社員だけではありません。希望条件をパートやアルバイトの雇用形態で絞り込むと希望に近い求人を探すことができますよ。

広告募集中