人気求人の介護福祉士に応募して介護を必要とする人を助ける

求人数の多い介護福祉士!スキルを活かせる職に就こう

介護福祉士が活躍できる現場を求人から知ろう

介護福祉士には、介護が必要な方が自宅で過ごせるようにするための在宅サポートや特別養護ホームや老人保健施設にて介護サポートを行う施設サポート、そしてグループホームにて日常生活を送るためのサポートと幅広い業務があり、求人募集も多く行われています。しかし、幅広く活躍できる介護福祉士として採用されたいのなら、応募前に資格や経験値を高めていきましょう。

ランキングが教える介護を仕事にする理由

no.1

やりがいがあり人の役に立っていることを実感できる

介護に携わる多くの人が働く理由として、やりがいを実感しながら働いています。大変な仕事ですが、ありがとうという感謝の言葉を聞く機会が多く、ほんの些細なことであっても人の役に立っているという実感を直接味わうことができる仕事です。

no.2

スキルアップや資格を活かすことができる

介護は未経験からもスタートすることができますが、技術や経験を積み重ねることによって資格取得を目指してスキルアップをすることができます。自分の技術や経験を活かして介護が必要な方の家族の負担を軽くするのが仕事で、また取得してる資格を活かすことも十分可能なのです。

no.3

ニーズの高さから求人数が多い

現在も人手不足になっている点からも求人数は豊富にありますが、将来的にさらにニーズが高まる仕事です。ニーズの高さからも景気が悪くなっても安定した仕事と給与を望むことができます。引越しなどの事情から前の職場を退職することになっても、次の職場を探しやすいというメリットがあります。

no.4

家族への経験やこれからのために

現在家族には介護を必要とする人がいなくても、いつ必要になるかもしれません。介護の仕事をしていると、いざというときに困るなく、家族に十分サポートすることができます。
また、もともと家族の介護をしていて、その知識を活かして他の方もサポートしたいとう気持ちや家族に十分介護を行うことができなかったという気持ちからも介護の道に進む人も多いです。

no.5

時間の融通や主婦としてのスキルを活かせる

正社員の場合には勤務時間や休日がシフト制になることが多いですが、パートやアルバイトでは、比較的都合のよい時間で働くことができます。
今までの育児や家で行っている家事を役立てることができ、スタートは未経験者でもはじめることができるため、自分の持っているスキルを存分に活かすことができます。

人気求人の介護福祉士に応募して介護を必要とする人を助ける

介護

国家資格となる介護福祉士の主な仕事

介護福祉士は専門知識と技術を併せ持ち、介護が必要な高齢者や身体が不自由な方へ日常生活をより過ごしやすくするための、サポートやアドバイスを行います。サポートやアドバイスは介護が必要な方へだけでなく、知識と技術を活かしてその家族の方々へのサポートやアドバイスも行っていきます。そのため、人を支える仕事をしたい方やコミュニケーションが得意で、かつ責任感がある方におすすめの職業なので、求人をチェックしてみるといいでしょう。

介護福祉士の免許を取得するには多くの時間がかかる

介護福祉士の求人を見ると必要な資格について記載があるでしょう。介護福祉士の免許を取得するためには実務経験3年以上(1095日以上)、540日以上実務経験を積むか、福祉関係の高校を卒業してから国家試験を受験することになります。ただ、ここで覚えて欲しいのが実務経験を積んで受験する場合と、福祉系高校を卒業して受験する場合では、試験内容(免除)が異なるのです。

専門学校や養成施設に通うことで国家試験資格を得られる

介護福祉士の資格は、国家試験に合格するだけでなく、養成施設を卒業しても資格を得ることができます。また、2022年度の卒業生から養成施設を卒業しても国家試験の受験が義務化されつつあります。そのため、現在~2021年度までの卒業生は、国家試験は任意で卒業後5年間は介護福祉士と名乗ることができるのです。そして、5年間の間に国家試験に合格または、継続して介護の実務を行うことによって6年目以降も介護福祉士として資格の継続ができます。

介護福祉士の国家試験資格は社会に出ても取得できる

立派な介護福祉士となるためには、必ず学生のときにその道へ進んでおくという必要はありません。社会人からでも目指すことは可能なのです。すでに介護事業所で働いている場合には、受験資格に実務経験3年以上必要となるため働き続け、実務者研修を受講するといいです。介護に携わっていない仕事をしている場合には、介護職に転職して実務経験を積むか、日中働いている場合には夜間スクールの利用、夜働いている場合には日中養成施設に通い学んでいくという選択肢があります。ですから、採用されるために積極的に行動していきましょう。

仕事をしながら介護福祉士になるまでの流れ

受験資格を得ること

介護福祉士の資格を取りたい場合、実務経験が3年あるかどうかが問われます。そのため、もし実務経験が3年以上あると受験資格が得られるので、試験対策へと進めることができるでしょう。また、実務経験が受験資格を得るために必要なことから、多くの人が介護の仕事をしながら勉強をしています。

働きながら筆記試験勉強

働きながら勉強するには時間の確保は難しいため、通信講座で空き時間を活用して受験勉強を行っていきます。通信講座であれば自分のペースで効率よく学ぶことができます。一般的に4~6ヶ月ほどで講座内容を修得することができますが試験まで余裕を持って勉強をスタートするようにします。

試験前に追い込みをかける

医療福祉の専門学校では、介護の現場で実務経験3年以上あって介護福祉士の国家試験を受験する人への短期集中講座が行われることがあります。傾向や対策そして模擬試験を受けることができ、1月の試験に向けた追い込み時期にぴったりの勉強方法です。ですから、こういった講座を積極的に利用して行きましょう。

試験を受ける

試験前に十分対策をしたうえで、多くの人は試験に臨みます。試験は、国家資格となるため簡単ではありません。しかし、この試験に合格をすれば介護福祉士として働くことが可能となります。また、介護福祉士の資格を得ることで、働き方に幅ができ、福祉関係の仕事ではとても貴重な人材ともいえるでしょう。転職の時にも有利になるので、資格を得ることには大きなメリットがあります。

広告募集中